ブレスレットについて

オシャレアイテムの一つブレスレット!男女問わずさり気なく又はデコラティブに楽しく装いたいですね。少し知っているとワンランク上のコーディネートに・・・

ブレスレットの由来

ブレスレットとは、手首や腕に付ける装飾的な帯や輪や鎖などのことである。装身具の一種である。古フランス語で腕のことを「brasブラ」と呼んでいたことに由来する。

時代を経るにつれ、ブレスレットは宗教的な目的よりも、装飾的な品として重視されることとなった。1890年代はイギリスのビィクトリア女王などにより、精巧かつ複雑な造りの宝石が流行した。

1970年、カルティエ・ニュ-ヨ-クで「カルティエラブブレスレット」が誕生。このブレスレットは2つのパーツから成り、他の人に固定して貰わないと付ける事が出来ないため、カップルに人気となった。

日本では縄文時代から既に貝輪として貝塚から出土している。弥生時代になってからは銅が使われるようになり、更に古墳時代になってからは石製品や金属製品が加わった。

                                    Wikipediaより

ブレスレットの種類

人気のブレスレットをご紹介!!

チェーンブレスレット

スタイリッシュにエレガントに、どんなファッションにも自然に馴染むチェーンブレスレット。

金、銀、ステンレス、メッキ、真鍮製と素材も豊富でコーディネートを楽しむのに最適なブレスレットです。

手首にしなやかに沿うため、手元を美しく見せてくれます。

チャームブレスレット

ブレスレットにモチーフが付けられたチャームブレスレット。

チャームには、お守りとしての意味が込められることもあります。

天然石のチャームは、お守りとしてもワンランク上のおしゃれに便利です。

複数のチャームは、アニバーサリー事に追加できるブレスレットなどもあります。

天然石ブレスの、チャーム付きも同じです。

ステーションブレスレット

ステーション=駅のように、一定の間隔で石などが留められたブレスレットのことをステーションブスレットと言います。

ジルコニアの光輝くブレスは、チェーンとつないでエレガントに楽しめます。

天然石を散りばめたブレスレットは、高級感もありお守りにもなりそうですね。

天然石【貴石・半貴石】ブレスレット

『日本への伝来は、数珠として538年(552年説もあり)の百済からの仏教伝来とほぼ同じ時期。

数珠が文献に初めて登場するのは、天平19年(743年)の法隆寺の資材帳。

正倉院には、聖徳太子の愛用品とされる蜻蛉玉(とんぼめ)金剛子の数珠や、聖武天皇の遺品である水晶と琥珀の数珠二連が現存しています。天平勝宝8年(756年)の聖武天皇による東大寺献物帳の一部に、念珠が「国家の珍宝」として献納されている記述があるとおり、金・銀・琥珀・真珠・水晶・真珠などの高価な材料を用いて作られた数珠は、国家の珍宝として献納され、船載品として非常に貴重なものとされていました。そのため、当時は、一部の僧侶や限られた貴族の間にしか使用されていなかったようです。』

天然石を糸やゴムでつないだブレスレットです。日本的には、数珠ブレスの名称もあるそうです。

関連記事

  1. ブレスレット黄・ゴールド

  2. ブレスレット青

  3. ブレスレット紫

  4. ブレスレット青緑

  5. ブレスレット白

コメント

  1. amazing article

  2. Kamagra E Hipertension Antica best price for generic cialis Scactike Priligy Bijwerkingen

  3. What a data of un-ambiguity and preserveness of precious experience regarding unpredicted feelings. Pia Townie Eaves

    • 投稿読んでいただきありがとうございます、嬉しいです。
      次回の新しい投稿も見てくださいね

    • Thank you for reading the post, I’m glad.
      See also the next new post.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA