ブレスレットについて

オシャレアイテムの一つブレスレット!男女問わずさり気なく又はデコラティブに楽しく装いたいですね。少し知っているとワンランク上のコーディネートに・・・

ブレスレットの由来

ブレスレットとは、手首や腕に付ける装飾的な帯や輪や鎖などのことである。装身具の一種である。古フランス語で腕のことを「brasブラ」と呼んでいたことに由来する。

時代を経るにつれ、ブレスレットは宗教的な目的よりも、装飾的な品として重視されることとなった。1890年代はイギリスのビィクトリア女王などにより、精巧かつ複雑な造りの宝石が流行した。

1970年、カルティエ・ニュ-ヨ-クで「カルティエラブブレスレット」が誕生。このブレスレットは2つのパーツから成り、他の人に固定して貰わないと付ける事が出来ないため、カップルに人気となった。

日本では縄文時代から既に貝輪として貝塚から出土している。弥生時代になってからは銅が使われるようになり、更に古墳時代になってからは石製品や金属製品が加わった。

                                    Wikipediaより

ブレスレットのTPO

貴石(プレシャス・ストーン)、半貴石(セミ・プレシャス・ストーン)は、宝石の種別でどちらも天然石です。希少性とモース硬度により分別しています。

フォ-マル

昼 パ-ル。

夜 貴石【ダイヤモンド・ルビ‐・サファイア・エメラルド等】セットもの【ブレスレットとイヤリング等】+メレ【飾り石】。

セミフォ-マル

昼 パール、あまり光らない貴石【ヒスイ・オパール等】+メレ【飾り石】。

夜 輝きのある貴石【トパーズ・ジルコン・アクアマリン・キャッツアイ
・トルマリン・ガーネット・ペリドット等】+メレ【飾り石】。

インフォ-マル

昼夜 カラフルな半貴石【アメジスト・水晶・ルチルクォ-ツ・シトリン・オニキス・ターコイズ・ラピスラズリ・フローライト・マラカイト・ムーンストーン・タンザナイト・スピネル等】+メレ【飾り石】。

ブレスレット青

関連記事

  1. ブレスレット青緑

  2. ブレスレット青

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。